犬にも四十九日の法要はあるの?犬の法要まとめ

犬の寿命は人よりもずっと短く、どれだけ大切に飼っていたとしてもいつかはお別れが来てしまうものです。最近では、犬が亡くなったあとに人同様の法要を執り行う家庭も増えてきました。この記事では犬の法要について情報をまとめています。

そもそも法要を執り行う目的って?

そもそも法要は何のために行うものなのでしょうか。法要とは仏教において、故人をしのび、故人への感謝を再確認し、冥福を祈るために執り行われてきた儀式です。

宗教的には「故人のよりよい輪廻転生を祈る」という意味合いがありますが、現在の日本では「法要を行うことを通して、遺族が気持ちの整理をつけていく」「故人を忘れ去ることなく、記憶を再確認する」というより生活に即した意味合いのほうが強く認識されているかもしれません。

犬の法要を行う目的も、人と全く同様です。遺された家族が気持ちの区切りをつけていく、亡くなった犬をしのぶ機会として法要が行われています。

法要の種類

犬の法要も人と同様に、1回行えば終わるものではなく定期的に行っていくものです。この章ではそれぞれの法要について解説していきます。

お通夜・葬儀

亡くなった直後に執り行われる法要です。犬の場合には、人が亡くなったときのように知人親戚を招いてのお通夜式を行う飼い主は少なく、家族だけでゆっくりと過ごす方が大半でしょう。

葬儀は業者に依頼して行う家庭が大半です。火葬だけ行う場合や、人のようなセレモニーまで行う場合もありさまざまです。どんな葬儀にしたいか家族でよく話し合って決めることが大切です。

ペットの旅立ちへの遷移バナー

初七日

命日を含めて数えて7日目を「初七日」といいます。近年の人の法要では通夜・葬儀と同時に行って、実際の7日目の儀式は省略されることがほとんどです。人の場合と同様に、ペットの場合でも省略されることが多いでしょう。

四十九日

命日を含めて数えて49日目を「四十九日」と呼びます。法要の中でも知名度があり、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。仏教では「四十九日」を過ぎると魂が成仏すると考えられており、この法要は重要な宗教的意味を持っています。詳しくは次の章で詳しく解説しています。

百か日・一周忌

命日を含めて数えて100日目を「百か日」、1年目を「一周忌」と呼びます。

四十九日の意味って?

仏教では、人は亡くなると閻魔大王らによって極楽浄土へ行けるかどうかの裁判にかけられるとされています。その裁判は7日毎に行われ、49日目に最終判決が言い渡されるそうです。
人は亡くなって49日を境に魂が極楽浄土へ行けると考えられているので、それまで遺骨を自宅などに安置して供養しつつ、四十九日の法要でお墓に納骨するのが一般的となっています。犬でも同様に考えたのが、犬の四十九日の法要とされます。

このような宗教的な意義の他、人の場合と同様に、法要の実施を通して亡くなった悲しみ(ペットロス)に少しずつ区切りをつけていく生活に即した意味合いもあるといえます
ペットロスについて詳しくはこちら

犬の四十九日ってどんな感じ?

それでは、実際に犬の四十九日を執り行うとしてどのように進めていったらよいのでしょうか。この章では項目ごとに紹介していきます。

四十九日を行う場所

まずは四十九日の法要を執り行ってくれる場所を選ぶところから行いましょう。最近では犬の法要を執り行う寺院も増えてきています。つきあいのある寺院がある場合には問い合わせてみるのもよいかもしれませんね。他に、ペット霊園が法要実施のサポートをしてくれることもあります。

葬儀業者の中には、火葬から法要まで一連の流れを全て請け負ってくれる業者もあります。法要の実施を希望する場合は、葬儀業者を選ぶときに法要まで行ってくれる業者を選んでおけると安心ですね。

四十九日で行うこと

実際の四十九日の法要では、僧侶に読経をしてもらい、お墓や納骨堂に納骨するという流れが一般的です。スムーズに執り行えるように、納骨先はあらかじめ決めておくようにしましょう。

四十九日の服装・持ち物

服装について、特に喪服の決まりはないことが一般的です。ただし、人の霊園などに併設されたペット用の施設で法要を行う場合には相応の服装のほうが安心です。そのような施設で実施する場合には、事前に業者に相談しておけると安心です。

持ち物は一般的な仏具としての数珠があれば十分なことがほとんどです。お供えが可能な施設の場合には、お供え物を持参してもよいですね。

まとめ

四十九日を行うのは宗教的な意味合いのほか、家族が気持ちの区切りをつけるきっかけにするという、より生活に即した意味合いもあります。
法要を行うと決めた場合は、火葬から法要まで全て対応可能な業者をあらかじめ選んでおけると安心です。家族全員で話し合って納得できる見送り方を決められるとよいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

今まで犬を始め、フェレット・ハムスター・カメ・インコなどさまざまなペットを飼育してきました。現在は、ジャックラッセルテリアと雑種の2匹を可愛がっています。趣味は愛犬たちとの旅行です。 このメディアでは、多くの飼い主の方々の不安や疑問・困っていることを一緒に解決していきたいと考えています。