老猫が水をよく飲むときは注意!病気のサインかも?

老猫がよく水を飲む

猫はもともとあまり水を飲まない動物です。猫の先祖は中東の砂漠で過ごしたと言われ、水がなくても生きていけるようになっていました。そのため水を飲む量を増やして、膀胱炎などを予防したほうがいいと聞いたことがあるかもしれません。

しかしたくさん飲めば安心というわけではありません。むしろ飲みすぎは、病気のサインである可能性が高く注意が必要です。老猫の水を飲む量の判断方法や、どのような病気が考えられるか解説します。

老猫の水の飲みすぎは病気の可能性があるかも?

老猫が急に水をよく飲むようになったら要注意です。
ただ、気温や運動量、フードなどで一時的に変動することもあるので、どのくらい水を飲んでいるか把握する必要があります。

猫の一般的な飲水量は?

一般的に猫は1日あたりどのくらいの水を飲んでいるかというと、目安となる飲水量は体重1kgあたり、およそ50mlと言われています。つまり2kgの猫なら100ml、3kgの猫なら150ml程度ということになります。

毎日の飲水量が1kgあたり60mlを超えたら、飲みすぎと判断したほうがいいでしょう。

飲水量をチェックしよう

老猫がどのくらいの水を飲んでいるか、飼い主は毎日チェックしましょう。
飼い主の直感や観察で「飲水量が増えた、減った」というのももちろん大切ですが、およそでも飲水量がわかると診察にも役立ちます。

いちばんわかりやすいのが、水飲み器に入れる水の量を決めること。少し手間はかかりますが、計量カップなどで1日あたり200mlなど測って水を入れます。夜寝る前に、残っている水の量から老猫が飲んだ量を測定します。

蒸発分もあるほか、ウエットフードを食べている猫と、ドライフードを食べている猫では多少飲水量が異なるかもしれませんが傾向はつかめます。
1日を通して明らかに飲水量が多い場合は、受診してみましょう。

老猫が水をよく飲むとき考えられる病気

老猫が水を飲みすぎるときの病気

老猫が「水をよく飲む」ことは病気の症状の1つであることがあります。
しかし、猫は体調不良を隠す動物です。そのため具合が悪いことに飼い主が気づけないこともあります。

「水を飲む」など行動の変化に気づくことで、体調不良に気づいてあげられるというのは、大きなメリットです。

慢性腎不全の初期症状

慢性腎不全の初期症状に「水をよく飲む」があります。
慢性腎不全は、腎臓の機能が低下していく病気です。老猫がかかりやすい病気として知られ、15歳を超えた猫の3割はかかる可能性が高いとされています。7歳を過ぎるころから衰え始めると考えていいでしょう。

もともと猫の先祖は、砂漠など水が乏しい環境で過ごしていました。そのため猫は水が少ない環境でも生きていけるような腎臓機能を持っているので、若いうちは飲水量が少なく濃い尿を出しています。

ところが加齢に伴ってだんだんと腎臓の機能が低下してくると、濃い尿が作れず薄い尿を大量に出すようになります。すると水分が不足するため、水をたくさん飲むようになってしまいます、
一度機能を失った腎臓は元に戻すことはできません。

飲水量の増加は初期症状なので、飲水量が増えた時点で動物病院を受診すると、療法食などで病気の進行を遅らせることが可能です。

糖尿病

糖尿病でも飲水量が増えることが知られています。猫のほうが、犬よりも糖尿病になりやすいといわれています。猫の糖尿病は人間の「2型糖尿病」である「インスリンが出ているのに不足」「インスリンが出ているのに、身体の反応が悪い」に類似しています。

初期症状は水をたくさん飲むほか、尿の量も大変多くなります。糖尿病の初期では食欲もあり、元気なことが多いです。そのため水をよく飲むことで気づいた時点で受診することは、早期治療につながります。

とくに肥満気味の老猫は糖尿病になりやすいので注意しましょう。治療はインスリンの投与や、糖尿病用の療法食などを食べさせることが中心です。

甲状腺機能亢進症

10歳を超えた老猫によくみられます。甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるため、代謝が盛んになり活発になります。初期症状に見られるのが「水をたくさん飲む」です。他にも落ち着きがない、食欲がやたらと増す、ソワソワ落ち着きがない、攻撃的になるなどの症状が出てきます。

飼い主からみると、大変元気に見えるため「うちの子は歳をとってもいつまでも活発で良い」とされがちです。しかし、ずっと活発というのは身体に負担をかけていることにもなるので注意が必要です。

まとめ:老猫が水をよく飲むときは受診

老猫が水を飲みすぎるときの注意点
老猫が「水をよく飲む」「水を飲みすぎる」という場合、なんらかの病気のサインであることが考えられます。尿の量や食欲もチェックすると同時に、飲水量を把握することが大切です。

「水を飲みすぎる」はさまざまな病気の初期症状が多いため、早く気付いてあげることで早期治療が可能になります。早期治療は老猫にとっても飼い主にとっても負担が減るのもメリット。飲水量が明らかに増えたというときは、動物病院を受診しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

今まで犬を始め、フェレット・ハムスター・カメ・インコなどさまざまなペットを飼育してきました。現在は、ジャックラッセルテリアと雑種の2匹を可愛がっています。趣味は愛犬たちとの旅行です。 このメディアでは、多くの飼い主の方々の不安や疑問・困っていることを一緒に解決していきたいと考えています。